開店祝いには華やかな胡蝶蘭を! 選び方とマナーを押さえて・金額相場はいくら?

ご友人や取引先が新規で出店する際には、華やかな胡蝶蘭で新たな門出をお祝いしませんか?胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」。開店祝いにピッタリの、最も喜ばれるフラワーギフトです。

胡蝶蘭の選び方と金額相場

どんな胡蝶蘭を選ぶ?

最も多く選ばれるものは、白色の大輪の3本立ち、金額は1~2万円台が人気です。より豪華なものを希望される場合は、5本立ちで金額3~5万円程度のものもあります。
開店祝いには多くのお花が届けられると思います。他の方と少し違う感じが良ければ、ピンクの胡蝶蘭も喜ばれます。

商品の見た目が気になる方は、事前に通販サイトなどで写真を確認してみましょう。

開店祝いの胡蝶蘭一覧:開店祝い 胡蝶蘭で探す | 胡蝶蘭通販Vest Farmers(ベストファーマーズ)【送料無料・当日配送・格安価格】

贈り先との関係と金額相場

贈り先との関係性によっても、金額相場の違いがあります。
家族、親戚・・・1万~5万円程度
友人、知人・・・1万~2万円程度
取引先・・・2万~5万円程度

取引先は個人で送る場合の目安です。会社同士の場合であれば、重要性の高い関係になるにつれ、金額も上がっていきます。ただし、5本立ち以上のものを希望される場合、急に生花店へ行っても店頭に置いてない可能性がありますので、事前に予約しておくのが良いでしょう。

花や葉もチェック!

店頭で実際に見て選ぶ際には、花や葉もチェックしましょう。胡蝶蘭は上の花からしおれていきます。上まで花がついているか、途中で一輪花が欠けていないかなど確認しましょう。
また、葉っぱも茶色や黄色になったものがないか、緑色で生き生きしているかをチェックしておきましょう。

押さえておきたいマナー

立て札をつける

胡蝶蘭を贈る際には、立て札(紙札、もしくは木札)を付けるのが一般的です。
まずは頭に「祝」「祝 御開店」「祝 開店」「開店祝」などを赤字で記載します。
次に「贈り先の店名」を記載します。贈り先の名前は、原則としては入れなくても構いません。しかし、お店が面した通りに花を置く場合、贈り先の名前が入っていた方が、周囲に開店と店名の宣伝を兼ねることができます。贈り先様から見ても、その方が喜ばれる内容となります。
最後に、ご注文者様のお名前を記載します。開店祝いには沢山のお花が届けられます。差出人不明の贈り物になってしまわないよう、しっかりとご注文者様のお名前を記載しましょう。ご注文主様のお名前の書き方は以下の通りです。

個人名のみ・・・一輪太郎
連名の場合・・・一輪太郎 野山花子
家族や部署や同志一同・・・○○○○会社総務部一同、友人一同
◯◯◯◯同好会一同、孫一同、ファン一同
社名のみ・・・○○○○会社
社名+個人名・・・○○○○会社 一輪太郎
社名+役職+個人名・・・○○○○会社 代表取締役 一輪太郎

立札例)祝ご開店 ○○○○会社様へ
         ××××株式会社
         代表取締役 一輪太郎

いつ渡したら良いの?

開店当日は忙しいので、開店1週間前~前日に贈るのが良いでしょう。開店前に祝賀会が開かれる場合は、その際に渡すのがベストです。胡蝶蘭は花持ち期間が2~3ヵ月と長いので、前もってお渡し頂いても花が枯れる心配はありません。
ただ、開店前はいつでも店内に人がいるとは限りません。サプライズで渡したい気持ちもありますが、無駄足になってしまわないよう、前もってお店に人が来ているかどうかを確認してお届けしましょう。

最新記事