上場祝いに胡蝶蘭を。選び方とマナー・相場を知ることから始めよう。

胡蝶蘭は品がよく豪華なので、お祝い事の贈り物として最適です。
上場祝いといった場にも、胡蝶蘭は送られることが多いです。
ですが、上場祝いに胡蝶蘭を送る時には、マナーもあるので、注意が必要です。
今回は、上場祝いに胡蝶蘭を送る時の相場とマナー、選び方について考えてみたいと思います。

上場祝いの胡蝶蘭の相場

上場祝いの胡蝶蘭の相場は、相手との関係によっても変化します。
通常の取引相手ならば、3万円程度、重要な取引相手ならば、5万円が相場です。
胡蝶蘭は数多く送られる為、アピールの為にあえて高いものを送る場合もあります。
安すぎるものは、相手に良くない印象を持たれてしまう可能性もあるので、避けましょう。

上場祝いの胡蝶蘭のマナー

上場祝いの胡蝶蘭は、当日に届くようにするのが、一番良いです。
出来ない場合は、数日前から当日までに届くように手配しましょう。
式典が行われる場合は、会場に前日から当日の朝までに、届くようにしてください。
喪服谷は、上場を祝う文言と、会社名、送り主の名前を記入しましょう。
メッセージを付ける場合は、失うや傾くといった、縁起の悪い言葉は使わないでください。

上場祝いの胡蝶蘭の選び方

上場祝いに相応しい、豪華な胡蝶蘭を送るようにしましょう。
他からも、胡蝶蘭は届くので、見劣りしないようなものが喜ばれます。
複数の色の胡蝶蘭が植えられたもの、珍しい品種や、大輪のものが、華やかで見栄えもよいです。

最後に

華やかで豪華な胡蝶蘭は、上場祝いに華を添えてくれます。
送る胡蝶蘭で企業のアピールもできるので、慎重に選びましょう。