退職祝いに贈呈する胡蝶蘭の上手な選び方とマナー・相場などについて

退職祝いでプレゼントする胡蝶蘭の選択法

退職祝いに相応しい贈り物として、当人の趣味や好きな銘柄のお酒などが挙げられます。

再就職や再雇用が無事に決まった相手には、新しい仕事場でも頑張ってもらえるようにと、ビジネス関連の商品を贈呈するのがオススメです。

お祝い事で贈り物をする場合には、有り触れた品物を贈るより、好みの食べ物や飲み物などをプレゼントした方が、間違いなく喜んでもらえます。

上記の贈り物と同じ位に喜ばれるのが、フラワーギフトと呼ばれるものです。

フラワーギフトを退職祝いに進呈する事で、贈られた本人の退職後の園芸や、生け花へと上手く活かす事が出来る為、かなりオススメです。

退職した方の自由な時間がもし多くなるのであれば、数ある花の中でも最も美しいと言われる、胡蝶蘭の鉢植えを贈呈するのが有効的です。

胡蝶蘭を選ぶ際では、なるべく落ち着いた色合いのタイプを購入するのがポイントです。

胡蝶蘭は豪華が印象があったり、いつでも綺麗な状態をキープしてくれるので、もらった人を飽きさせない、優れた特徴と利点を兼ね備えています。

退職祝いの胡蝶蘭に木札を添えるのが礼儀

退職祝いの胡蝶蘭を贈る時では、木札を付けて贈呈するのが常識です。

胡蝶蘭に添える木札の文章は、贈った方が直ぐに理解出来るように、『贈り主の氏名』+『お祝いの文面』を、はっきりと書き記して届けるのが一般的です。

退職祝いの胡蝶蘭の個人用ギフトだと、10,000円~15,000円ほどが相場になっています。