白赤の胡蝶蘭は、お祝いに最適?どのようなシーンで贈ればいいのか。

胡蝶蘭の定番といえば、白を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
ですが、最近では様々な色も増えてきており、意味も色によって違ってきます。
赤白の胡蝶蘭には、周囲を華やかにする効果があります。
見栄えがするので、華やかな場にもピッタリです。
お祝い事にも最適な、赤白の胡蝶蘭について、解説したいと思います。

白赤の胡蝶蘭を送るシーン

赤と白は、昔から日本で縁起がよい組み合わせと言われています。
白一色よりも華やかなので、お祝い事に送ると喜んでもらえます。
当選祝いといった、勝利を祝う場では特に喜ばれます。
赤いものを送る習慣がある、還暦祝いにもピッタリです。
また、赤がタブーな開店祝いでも、白赤2色の胡蝶蘭なら、送ることができます。
華やかなお店ならば、白赤の胡蝶蘭が最適です。
ただ、おめでたい意味がある、白赤の胡蝶蘭は、お葬式といった席には適していないので、注意しましょう。

白赤の胡蝶蘭の種類

白赤の胡蝶蘭にも、種類があります。
種類によって花の大きさも違うので、場に合ったものを送りましょう。
当選祝いといった、華やかな席では、大きなものが好まれます。
小さな赤白の胡蝶蘭は、限られたスペースに置く場合に、選びましょう。

最後に

おめでたい色合いの白赤の胡蝶蘭は、慶事のお祝いとして送るととても喜んでもらえます。
お祝い事の贈り物には、華やかさと豪華さがある白赤の胡蝶蘭を選びましょう。