お祝いが台無しにならないように注意!開店祝いとして胡蝶蘭を贈る時の2つのマナー

新しくお店を出す時はおめでたい出来事なので開店祝いとして胡蝶蘭を贈る事も多いでしょう。胡蝶蘭を贈る事でこれからもよろしくお願い致しますという気持ちを伝える事が出来ます。しかし開店祝いとして胡蝶蘭を贈る時はマナーがあるのでしっかり把握しておく必要があります。マナーに反する贈り方をしてしまうとお祝いが台無しになってしまう事もあるので注意が必要です。そこで開店祝いとして胡蝶蘭を贈る時のマナーを確認していきましょう。

4000円や40000円の胡蝶蘭は贈らないようにする

胡蝶蘭は3本立てから5本立てが植えられた鉢が人気となっていて開店祝いとして贈る事が多いです。それで費用は知人だと5000円前後、友人だと10000円前後、身内や取引先だと20000円から50000円ぐらいかけてしまう事が多いです。しかし4000円や40000円など4の数字が入っていると死という意味を連想させてしまうので縁起が悪いとされています。それで4000円や40000円の胡蝶蘭は贈らないようにするのがマナーになります。

赤い胡蝶蘭は贈らないようにする

開店祝いとして胡蝶蘭を贈る時に情熱的な赤を選びたいと考えてしまう人がいます。しかし赤の胡蝶蘭は赤字を連想させてしまうので縁起がすごく悪くなってしまいます。また赤い胡蝶蘭は火事を連想させてしまうので開店祝いとして贈らないようにするのがマナーになります。開店祝いとして贈る胡蝶蘭の色は真っ白な気持ちでスタートすると意味で白を選ぶといいでしょう。