開店祝いに喜んでもらえる胡蝶蘭の選び方とは?

 胡蝶蘭はビジネスや個人の間でもお祝い事の際に贈られる花として人気が高いですね。特にビジネスシーンで新店舗がオープンした際などは、開店祝いとして店前に胡蝶蘭が飾られているシーンを見たことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。
 ただ、実際に自分が胡蝶蘭を贈る側となった場合に、どれくらいの大きさを選べばいいのか、色は何色がいいのかと分からない事が多いという人も少なくありません。実際にどのような点に注意して選ぶのか見ていきたいと思います。
 胡蝶蘭を選ぶ際にはまず予算を決定すると大きさなどを決めやすくなります。主な目安としてはプライベートなど個人間の開業祝いは3万円まで、ビジネスなどの取引先のお祝いの場合は10万円が予算範囲とされています。
 また、花の大きさは設置スペースを勘案する必要があり鉢植えなどは意外とスペースを取るので注意が必要です。設置個所が小さい場合には中輪や小輪の胡蝶蘭を選ぶと失敗がありません。
 開店祝いなどで胡蝶蘭を贈る際に重要となってくるのは、縁起を重要視して色や本数が決まってくるということです。まず胡蝶蘭の本数ですが、最もよく好まれる本数が5本です。何故かというと「5」という数字には「ご縁」という意味があり、また本数も多いので華やかさもあり開店祝いではオススメです。
 また、色にも縁起を気にしなければなりません。主に白・ピンク・青などを相手の好みに合わせて選んで結構ですが、タブーな色は赤色です。赤色は業績赤字や火事などを連想させる色とされており、開業祝いに贈る胡蝶蘭ではタブー視されています。
 このような点を注意しながら開業祝いの胡蝶蘭を選んでいくと、相手にも大変喜んでもらえるのではないでしょうか。