開店祝い・入学ギフトの定番、胡蝶蘭の値段は高い?

開店祝い、開業祝い、入学など、新しい門出のお祝いの贈り物といえば胡蝶蘭が一般的です。
幸せが飛んでくるという花言葉からも、縁起が良い花とされています。
胡蝶蘭といえば非常にお値段が高いですよね。胡蝶蘭の中でも値段に幅がありますから、贈り物とはいえ、できればお得に購入したいところです。
そこで、どのような胡蝶蘭に高値がつけられるのか、調べてみました。
胡蝶蘭の値段は、主に咲いている花の数で決まります。相場は大輪1輪あたり800円前後で、茎一本あたり10輪ぐらい咲きますので、1本立ちでも7,000~8,000円ぐらいします。お祝いに適しているとされる3本立ちだと2~3万する計算です。
また、色も重要なポイントで、ピンクがかったものだと白いものより3割程度割高になります。
それでは大輪ではなく、小さいサイズの小輪はどうでしょうか。ミディ胡蝶蘭、アマビリスは大輪胡蝶蘭と比べると一回り小さいサイズです。大輪胡蝶蘭は元々小さい胡蝶蘭を交配して花を大きくしたものなので、小さい胡蝶蘭の方が原種となります。そのためか色々な種類があり、こちらは値段の幅が非常に広いです。鉢植えで3万円前後から8,000円、安いと6,000円程度のものもあります。さらに小さいミニ胡蝶蘭もあり、そちらは更に安いものがあります。小さいと育てやすいなどの理由があり安くなっているようです。
大輪の胡蝶蘭は見た目も値段も立派ですが、種類やサイズでリーズナブルなものもあります。
大切な人の門出に、懐にあった胡蝶蘭をプレゼントするのもいいかも知れませんね。