胡蝶蘭に使用する肥料の注意点についての説明記事

胡蝶蘭は四季に関わらず入手しやすい花類であり、贈答品や観葉花として広く親しまれていもいます。このように認知の広い花類であるのであれば当然ご自宅で胡蝶蘭を植えられるという選択肢も出てくるものであり、そんな胡蝶蘭に使用する肥料はいったどのような物が良いのだろうかと悩まれる方も多いと思います。この記事では、そんな胡蝶蘭に適している肥料について詳しい説明をしていきたいと思います。

与える肥料は基本的に少なめで

胡蝶蘭の株は一度に大量の肥料を与えられてしまうと傷んでしまう程度には繊細です。特に「液体肥料」を振りかけてしまうとその影響が如実に株に現れてしまい、結果としてかれやすくなってしまいます。使用する肥料も基本的には「洋ラン用」と成分表示に記載されたものの使用が好ましく、傷みやすい特性上胡蝶蘭の質にマッチしやすい肥料剤を水で薄めてなおかつ少なめに振りかけ使用してください。

胡蝶蘭の成長段階によって与える肥料を調節しましょう

胡蝶蘭は「5~9月」の期間に「生育期」に突入するので、この時期にある程度胡蝶蘭が歯をつき始めているのであれば肥料を「少なめ」から多少増量させた程度の物を散布し成長の手助けを行いましょう。生育期以外の「11~2月」にかけては逆に胡蝶蘭は根から水も吸わず成長をほぼ止めている状態ですので肥料の散布はあまり行わないようにしてください。この時期に肥料や水を与えすぎると胡蝶蘭が弱ってしまい枯れてしまいます。