胡蝶蘭が喪中はがきに使われる理由は?喪中はがきの選び方は?

一般的に喪中はがきとは、身内に不幸があり、喪中につき慶事を避け喪に服すため、年賀状を出しませんよという事などを知らせる挨拶状です。喪中はがきは年賀状を作る前の時期、11月?12月初め頃に届くようにするのが一般的です。

喪中はがきに胡蝶蘭

胡蝶蘭の柄のはがきは寒中お見舞いと、喪中はがきに使われる事が多く、喪中はがきに胡蝶蘭が用いられる事は一般的でしょう。しかし勘違いしている人も多いかと思いますが、喪中はがきに胡蝶蘭を使用するというルールもマナーもありません。胡蝶蘭の落ち着いた色合いなどが適しているので使われる事が多いだけです。しかし現在は明確なルールではないものの、喪中はがきのイメージが浸透してしまっていますのでその他に流用するのは控えた方が無難でしょう。また、胡蝶蘭の花言葉は愛を示すものが多く、故人への愛を表現する為にも胡蝶蘭が選ばれる事が多いようです。

胡蝶蘭に限らず

喪中はがきは通常はがきでも私製はがきでも問題ありません。通常はがきは郵政民営化前の官製はがきと同じです。郵便局でも喪中はがき自体は取り扱っておらず、ほとんどの場合は喪中はがきを下さいと言うと落ち着いた雰囲気の通常はがきが出てくるのではないでしょうか。その場合は胡蝶蘭に限らず好きな柄を選べば問題ありません。ただしあまりに派手な柄はマナー違反ですので選ばないようにしましょう。もちろん切手を貼る場合でも胡蝶蘭に限らず貼って大丈夫です。弔事用の切手はありますのでそれを利用するといいでしょう。普通切手になりますので、喪中はがきとして出しても料金は62円です。